忍者ブログ

rain* ~BL only~

BLオリジナル小説オンリーブログ。 やおいが生き甲斐。BLは浪漫です!!

No number 03

「―――俺、あきにキスしたことがある」

そう切り出した瞬間、初めて彼と視線が合った。
そしてその表情を見て、聞きたかったことのすべてが分かった。


こいつは、あきに、恋をしている。








拍手[0回]

PR

No number 02

その人のすべてが知りたいとは思わない。

でも、その人が秘めていることは、なぜか知りたい。
それが重いものならなおさら、一人で持たせたくないのだ。



拍手[0回]

No number 01

初夏の、日差しがきつい午後だった。


保健室のベッドに横たわる、すこし白すぎる寝顔。
髪はやわらかな茶。
日に透け、紅茶の色にうつるそれに縁どられ、彼は目をつむっている。
ここへ運んだのは自分だ。
授業中だということもあり、保健医のすがたは見えない。

そう、だからこの罪に、目撃者はいなかった。


ただ罪びとだけが、己の犯したことをわすれない。



あれから、3年が経っていた。



No number 君にはなせない物語




拍手[4回]

17 そして花束をきみに/R18

そして最後の約束を果たすときが、来た。




拍手[1回]

Copyright © rain* ~BL only~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]