忍者ブログ

rain* ~BL only~

BLオリジナル小説オンリーブログ。 やおいが生き甲斐。BLは浪漫です!!

02ききたいこと

あれは、何度目かの貧血でふがいなく倒れた時のこと。
小さいころからすぐに立ちくらみやめまいで倒れていた自分は、体が大きく成長するに連れて、うまいこと受身が取れずに、一度倒れると大事になってしまった。
その日も、体育の授業中にあっけなく倒れてしまった。
クラスは、A~C、D~F組の2つに分けられ、あきらは秀也と別の場所で授業を受けていた。
中学までは、こういうとき、すかさず秀也が助けてくれたのだが、そんなことをあてにするわけにもいかない。
あっけなく倒れた自分を保健室へと運んだのは、水守だったと後に知った。

そして、目の前が白黒に点滅する中、起き上がることもできず、こみ上げる吐き気をこらえていた自分がベッドの上で聞いたのは、荒々しくドアを開ける音だった。
「あきらっ!」
秀也だ、とすぐに分かった。
けれど、目が開けられない。
ちょうど、保健室の先生が席をはずしていたのだろう。
自分たち以外誰もいない保健室で、秀也にあきらの病状を正確に伝えるものは誰もいなかった。
「あきら」
恐る恐る、といった風にかけられた言葉に、目をあけることも口を開くこともできなかった。
初夏の日差しが相当こたえたらしく、体を起こすこともできなかった。
沈黙の中、気配が動いた。
ベッドサイドに、秀也が寄ったのだろう、目を閉じていても、落された陰でそのことが分かる。

心配をかけてごめん、大丈夫。

そう言いたくても言えない、そんな中、不思議な事が起きた。

なにが起こっているのかわからなかった。
ためらいがちに、それでも確かな熱を持って、唇に何かがふれた。
そっと落された感触は、一度は離れ、次にはさらに強く押し当てられた。

何だろう、と思っても、目が開かない。

また少し離れた感触は、再び落されるたびに長さも、熱も、激しさを増していく。
唇をついばむような動きのあと、さらに角度を変えて押しあてられる。
なにが起きているのか分からずに、目を開けようにも声を上げようにも、体が言うことを聞かない。
ついには、誰かが自分に覆いかぶさる気配がした時は、内心恐慌状態だ。
けれど、鼻梁をくすぐった汗のにおいは、間違いない、いつも慣れた秀也のものだった。

 くちゅ、と唇を挟まれ、熱を何度も押し当てられていく。

どうして・・・・なにが・・・・。

何一つ確認できないまま、どれほど時間が経っただろう。
何度も何度も口づけられた後、頬に手を添えられ、もう一度、今度は長い長い口づけが下りてきた。

夢でも見ているのか、あきらは頭の片隅でそう思った。
そうでもなければ、説明がつかない。
なぜ、幼なじみの秀也が、男の自分にキスなどするのか。
タヌキ寝入りだと思われ、いたずらにはいたずらで仕返しでもしようと言う、ちょっとした冗談だったのかもしれない。
しかし、夢うつつだった自分がハッキリ意識を取り戻した時には、秀也の姿もなく、次の日顔を見合わせた秀也はいつもと変わらず、まるで他人事のように「昨日倒れたんだってな。気をつけろ」と、ぶっきらぼうに言われただけだった。

あれは何だったのかな。
夢だったのかな。

でも、唇に残った感触は、とても夢だとは思えなかった。


秀也の寝顔を見ながら、どれくらいそうしていたのだろう。
ようやく目の前で身じろぎをした秀也の目が、ぼんやりとあきらをとらえる。

「・・・おはよ」
いたずらっぽくそう告げると、ゆっくりと瞬きした秀也が、寝起きのかすれた声で小さく「・・・あきら」と名前を呼んだ。
「ん?」
返す言葉に返事はせず、秀也は大きく伸びあがった。
「・・・帰ろう」
「ん」

なんとなく。
このことは聞かない方がいいと、あきらは感じていた。
聞いてしまったら、きっと、答えが返ってくる。
その答えがどんなものでも、きっと、自分には受け入れられないのだ。

冗談だったと言われても傷つくだろう。
・・・本気だと言われても、困るのだろう。

自然と己の唇に指で触れてしまい、あきらはうつむきながら秀也の後ろを追いかけて行った。





拍手[6回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
胡蝶
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © rain* ~BL only~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]