忍者ブログ

rain* ~BL only~

BLオリジナル小説オンリーブログ。 やおいが生き甲斐。BLは浪漫です!!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 ジンクスその4「ブルーレター」

なぜ、と問われても、説明できないことがある。

意味もなく、行動してしまうことがある。

それが恋なのだと、唇の熱で知った。





拍手[0回]

PR

14 ジンクスその4「ブルーレター」

そして数日後。

机の中に、古ぼけたあの青を見つけた。


「・・・・・。」


みなとは静かにそれをポケットに移す。




拍手[1回]

13 ジンクスその3「パラソルツリー」-3-

「いつまで二人で馬鹿笑い?」
そんな不機嫌な声にひるまず、二人はまだ笑っている。
「吉良くん、コレ、ひきとるけど?」
ルームメイトを指すみなとに、目じりにわいた涙の粒を指でぬぐいながら、吉良は首をふった。
「いえ、僕も図書室に用事があるので」
ご一緒します、という意思表示だろう、持っていたビニール傘を少し上に持ち上げるしぐさをする。それはいいとして、では。
「戻るときも、吉良君に頼む気?」
行きはよいよい、帰りは・・・と古いわらべ歌を思い出した。



拍手[1回]

12 ジンクスその3「パラソルツリー」 -2-

しとしとと、雨が降る。

かわす言葉に迷い、果たせずにまた沈黙を更新する。

何を話せばいいのか、わからなかった。




拍手[0回]

11 ジンクスその3「パラソルツリー」 -1-

梅雨が来た。6月だ。






寮と学舎は屋根づたいの廊下が渡され、雨に当たらず一日が済む。
それでも離れにあるクラブ棟や、独立図書館に行くには傘をささねばならない。

健が気まぐれで訪れようとしたのも、その図書館棟だった。
そして手持ちの傘をばっと開いた瞬間、風が吹いた。


気づいたときには、傘がさらわれた。

そして・・・


木にひっかかった。




拍手[1回]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

[04/21 HilAvaicy]

プロフィール

HN:
胡蝶
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © rain* ~BL only~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]