忍者ブログ

rain* ~BL only~

BLオリジナル小説オンリーブログ。 やおいが生き甲斐。BLは浪漫です!!

07 この気持ちは、誰にも、さわらせない

本日ただいまより、自らを「ミスターうかつ」とでも名乗った方がよいだろうか。

炭酸飲料のキャップをひねりながら、そんなことを考える。
ぷし、と、気圧が変化する感触と心地いい音がするが、実はそれほど飲みたいわけではなかった。
開けた以上、炭酸がぬけていくのが道理で、それがもったいないから煽る。
のどが渇いたわけではない。
開けてしまったから、飲むしかない。
―――この状況と似ている。
となりで無言のまま地をにらみ、体育ずわりをしている茶色の塊を盗み見しながら、ため息をにがす。

うっかり、口を滑らせてしまった。
だから話したくはないが、話さなければならない。
口を滑らせてしまった以上。
そうでもなければ、一歩も引かない構えをみせた光輝から、逃げるすべなど思いつかなかった。





いい感じに木影が見つかってよかった。
道端で話し込むわけにもいかず、かといってどこかのファストフード店も却下だ。
どう考えても、他人の耳に入れたい話にはならない。
仕方なく自動販売機で飲み物を手にし、川原の土手におりてきた。
ちょうど死角になりやすく、炎天下の土手に人影は幸いにしてほかになし。
入念に確認し、座り込んだのは30分以上も前だ。


話し終えたとき、光輝はお茶のペットボトルをわきに置いたままで、木戸の飲み物もまだ器の半分を満たしていた。
元気がなくなってくる炭酸の泡と、となりでひたすらうつむいているつむじを交互に見る。
ぶち。
あ、草をむしった。

話を聞いているあいだ、光輝は一言も発しなかった。
時折、木戸の言葉の何かが刺さるのか、もの言いたげにばっと振り仰いだりするものの、決して何も言わずにまた視線を地面にもどすのだ。

そして話し終えた今も、無言で地面をにらんでいる。

どうしていいのかわからない。
それもこれも、己がうかつなせいだと思うと、人を恨むわけにもいかない。

男として生を受けて17年。
それなのに男に唇を奪われ。
そのことで相談にのってもらった友人にも唇を奪われた。
さらにそれを、最初に唇を奪った人間に無言でとがめられている。
・・・とがめられて、いるのか?

「・・・オレが一番、むかつくのは」

沈黙が、破られた。

「誰だか知らないけど、他人が勝手にオレの気持ちを決めつけたってことです!」


そ こ か 

「いや、やっぱりお前の気持ちはわからん」
「報われないだとか思いあまって、~~とか!そっちの方が意味わかんないですよ」
憤然と振り仰がれ、その目が本気なことにうごけなくなる。
「好きだって、言ってるじゃないですか。好きって言葉に、他になんの意味があるんですか!?」
「・・・。」
「報われないって、なんですか。それ、その人の勝手な気持ちですよね。その人のわけのわかんない気持ちを、まるでオレのことみたいに語られるとか」
そこで一旦、言葉を区切り、
「やっぱり意味がわかんねえっ!!」
ぶちぃっと草が宙を舞った。
「オレの気持ちはオレだけのものだ!」
初めて、光輝が乱暴な言葉をつかっているのを聞いた。
もともと、あまり言葉が巧みなほうではないように思えた。
いつも言葉がたりなくて、説明が説明になっていないと思っていたが、もしかしたら逆なのだろうか。
好きという言葉は好き、確かに、それ以外に意味はない。
そこに悲しみや苦痛を添えるのは、他人の勝手であり、それはその人間だけの理屈なのだ。
そしてその理屈は、他の人間には、関係がない。

光輝はいつも、好きだとしか告げなかった。
言葉を飾るのが苦手な彼らしく、真実しか述べてこなかったのだ。

ようやく、そのことに気づく。

「・・・ありがとう」
初めて、素直な言葉が出た。
「え」
意表を突かれた人間がえてしてそうであるように、光輝もまた、言葉をつむげずに相手をただ見つめる。
「好きだと言ってもらったことに、まだお礼を言ってなかった」
そう、唐突に気づいてしまった。
何故、とか、どうして、とかそんな理屈を追う前に、もっとするべきことがあったはずだ。
たとえば。
向けてもらった好意に、素直に礼を言う、とかだ。
「お礼、なんか」
そう口にする光輝の声が、かすかにふるえている。
「言われるようなことじゃ」
目に、うっすらと揺れる幕がひろがっている。
泣くのをこらえているのだと、至近距離ゆえにわかった。
「言ったでしょ。理解とかいらない。ただ、オレが好きでいることを許してくださいって」
そう、彼はそれしか求めていなかった。
勝手に勘ぐったのは木戸であり、北島だったのだ。

「あああ。でも、なんか、やっぱ、ムカつきますね」
思いっきり手で涙をぬぐい、何でもないそぶりを見せようとする光輝だったが、夏服は半そで、涙を吸い取ってくれるはずの布がないので、素肌にそのまま濡れた光の筋を伸ばすはめになった。
それは至近距離でばっちり木戸に見えてしまう。
「すまん」
「思い返したらだんだんやっぱムカつきます」
「・・・うん」
「わかってるんですか!?」
急にぐるっと振り仰がれ、木戸が息をのむ。
「・・・たぶん」
あいまいにしか返事はできないが、一生懸命な真心を、他人にあれこれ決めつけられる不快さは理解できた。

もう一度謝ろうとして・・・

ふに、と唇に熱が触れる。

何が起きたのか、もう3回目ともなればすぐに分かった。
光輝の唇が、自分のそれと重なっている。

「他人がきどさんにキスしたの、やっぱ、ムカつく」
『思い返したらだんだんムカついた』ことの、回答をもらう。

今度はそこか。

「・・・すまん」
何に対しての謝罪かわからないが、光輝の一生懸命さに半ば折れる形で謝罪する。
むううと子供のように不機嫌だった顔が、吐息のかかる距離でふっと笑った。
あ、この表情、好きかもしれない、と、脳の片隅がつぶやく。
「じゃあお詫びに、いっぱいキスさせてくださいね」
どんな理屈だよ、と文句を言おうとして、呼吸ごとからめとられた。
まるで子犬がじゃれつくようなキスだった。
人に見られたら・・・と一瞬あせったが、そもそも人目につかないよう死角を選んでいたことを思いかえす。
人が見ていないのなら、まあ、いいか。
最後の最後にそんな風に折れ、光輝の好きにさせてみる。
いやらしさを感じないふれあいは、無邪気で、それがほんのすこしおかしかった。
角度を変えて唇を食まれるが、決して口腔にはいってこようとはしない。

最後に、ちゅ、と下唇を甘噛みされて、ようやく解放される。

見れば、嬉しくて嬉しくてならない、という表情で微笑んでいる。
思わず、「もらい笑い」をしてしまった。

「きどたからさん、大好きです!」
「!」
久々のフレーズとともに、体ごと突進される。
構えていなかった分、重心があっさりと倒され、草の上に押し倒された。
とたん、土のにおいが近くなる。
「おい、やめろって」
「だって」
明るい声と表情は、やっぱり一点の悪意もない。
「試験でずーっと我慢してたんですよ!ご褒美もらってもいいですよね」
そういってギュウギュウに抱きついてくる様は、本当にちょっとした大型犬のようで、不思議と嫌悪感はなかった。
こんな明るい空の下、よもや不穏なコトには及ぶまい、という気持ちもどこかにあって、しばらくは光輝の抱き枕に徹する。

「そうだ、お詫びついでに、夏休み、一日くらいオレと遊んでくださいよ!」
がばっと身を起こし、満面の笑みで告げられる。

もう木戸には、苦笑しながら了承する以外、選択肢はなかった。

「約束ですよ」
そう言って、もう一度唇をついばまれる。

わかったわかった、もうわかったから・・・と逃げようとするのを、笑いながら追いかけられる。

押し切られて、連絡先をLINEふくめてごっそり奪われ、もう一度夏休みのデートを確約させられ、もりだくさんな会合はお開きとなった。



拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新CM

プロフィール

HN:
胡蝶
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © rain* ~BL only~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]