忍者ブログ

rain* ~BL only~

BLオリジナル小説オンリーブログ。 やおいが生き甲斐。BLは浪漫です!!

14 ふたりのよるに

「あらあら」

夕食のため階下に降りた光輝をみた、母の第一声はそれだった。
泣きやんだ後も目が真っ赤で、少しだけ恥ずかしそうに改めて挨拶をした光輝は、年よりもはるかに幼く見える。それが木戸家の<お母さん>の何かをひどく刺激したらしい。
光輝が、涙声でいただきます、と手を合わせたのと同時に、母はにっこりと息子に確認した。
「明日、終業式よね」
「うん」
「じゃあ、泊まっていってもらいなさい」
「え」
なんで、と問うた息子にはもう目もくれず、おみおつけを珍しそうに一口含んでごっくん、と音をたてて飲み込んだお客様に、母は笑顔を向けた。
「いいわよね?」
おうちにはちゃんとお電話しておきなさい、と言い、にこにこと念を押すよその家のお母さんに、光輝はおずおずと、はにかむように笑顔を返す。
父は仕事で遅くなるという。
いつも母と二人で食事をとることが多いのだが、今日は珍しく箸が三膳ならべられた。
異分子は光輝なはずなのに、何だろうかこの疎外感は。
取り残された息子は、こっそりため息をつきながら動物性たんぱく質の少ない食事―木戸の体を気遣う母の想いが詰まったもの―をかみしめるのだ。




一度は泣き止んだ光輝だったが、風呂上がりで木戸の部屋に戻ってきたときには、再び涙目だった。

「どうした?」
「・・・ちがうせっけんの、におい」

またそこか。

木戸家の風呂場にあるせっけんの匂いと、先ほど木戸から香ったそれとは違う。
それはすなわち、木戸がよそでせっけんを使うようなことを、木戸に想いを寄せる者と去った後でした、ということを意味する。

本当に、変なところだけ聡い。

まだなにかぐずぐずと言っている光輝の声を振り払うように、タオルケットを頭から引き被った。
こういう時は寝てしまうに限る。
ひとまず、明日の終業式を終えれば夏休みだ。
「早く寝ろ」
客人である光輝にベッドを譲った結果、その床下に寝るのは本来の部屋の持ち主たる木戸。
客用の布団は普段しまわれているのに、お日様の匂いがするのは、母がこまめに日に当てているからだろう。主婦、おそるべしである。
「電気はそこのリモコンで」
返事を待たずに寝る体制に入った。
そのまま早々と寝てしまおう、光輝が何か言ってきても眠ったふりをしてしまえばいい。そう作戦を立てた木戸は、意思を示すように目を強くつむる。

沈黙は、けれどたった数分しか持たなかった。

「あのときと、逆ですね」
電気はいつのまにか消されていて、闇の中に光輝のつぶやきがじんわりととける。
「病院のベッドに木戸さんがいて、オレはその隣をうろちょろして、大人たちからかくれんぼして・・・でも、オレを見つけになんて、誰も来なかった」
「・・・・・。」
返事がしにくい流れの話だった。
「木戸さんは、あの時と変わらない。いつもさりげなくいてくれて、オレが一人にならないようにしてくれる」
そんないいものじゃない、と答えようとしてためらう。
思い出の中の木戸は、光輝のものだ。周囲がとやかく言うことではない気がした。
「覚えてますか。いくつか約束をしたの。約束というか、お願いの方が近いかな」
「・・・。」
少しだけ、記憶を探る。
覚えているような、覚えていないような。
「きず」
不意に投げられた単語に、木戸の記憶が一気に動き出す。
「傷が残る前の、木戸さんのお腹、覚えてます」


―――手術で、ここに大きな傷が残るんだ。

そう、パジャマの上からすっと指で線を描いた木戸の指は、こども特有のぷくぷくしたものだった。

―――いたいの?

そう、その指が描いた線を、さらにぷくぷくした手がたどる。

―――わからない。麻酔をするから痛くないって言われたけど、お腹を切るんだもんなぁ。

想像しただけで、本当は震えるほどこわい。
けれど、何度も何度も手を握って 大丈夫よ と言う母の声が弱音を封じた。

―――んっ
―――何するんだよ、寒いっ

急にパジャマをめくられ、こども特有のぷくぷくしたお腹を剥かれる。

―――おぼえてる。みつきが、おなかをおぼえてる。
―――なんだよ、それ。

光輝は真剣そのもので、言い募った。

―――きずがない おなか。


それを。

―――ぼく、ずっとおぼえてるよ。


「・・・そうか」
約束を、小さな約束を、ずっと覚えていてくれた光輝のことだ。
きっとその言葉も本当なのだろう。
「はい」
衣擦れの音で、光輝が身じろぎをしたことを知る。
背中ごしにベッドの上で彼がこちらを向いているのがわかる。
かすかな物音で、彼がベッドから降りたのも、タオルケットをそっと引っ張る感触で、すぐ近くにいることも、暗い中で伝わる。
「きどさん」
そっとささやかれる温度で、見えなくてもその表情がわかる。
けれど。
「すきです」
「・・・。」


何と答えていいのか、それだけはわからなかった。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新CM

プロフィール

HN:
胡蝶
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © rain* ~BL only~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]